風が強くて寒い!

寒いだの雪だのってばかり言っているのがいやになってきました(笑)


でも今日もまた口から出てくる言葉は


寒い!


太陽が出ているのに雪混じりの強風が吹いていた1日でした。


朝のオシッコタイムは真っ白になった庭。


130321-1.jpg



本州からの桜便りでは今がピークです!

早めにお花見をしましょう! なんて言っているのがウソみたいで


春から忘れられた北極にいる心境です。


130321-2.jpg



時間の経過とともに益々雪が降ってきて

もう家にいるしかありません。


それでも時折太陽が出ると

窓辺のサンキャッチャーが部屋の中の所々を七色に光らせて

千両にも七色のシャワーが降りかかってました。


130321-3.jpg


両ちゃんの胸にも右足にも、、、



両ちゃん、光の精みたいできれいよ~~



130321-4.jpg


明日までは寒いけど


来週は暖かい日があるようです。


薪割りしなくっちゃー




追記


今日不思議なことに遭遇しました。


車で国道を走っていたら


道を渡っているキツネを発見!

渡りきるものと確信していたのに

道の真ん中へ戻ってきてしまいました。



きゃーーーーーーーーー


ひいちゃう!(泣)ーーーーー




ブレーキをかけても間に合わない距離、、、


なんだがガタンと音がしたような??


通過しながらバックミラーを見ていても

キツネの姿がありません。


跳ねた衝撃はないけど


道端で苦しんでいるかもと車から降りて

探したけど見つかりませんでした。



瞬間的に頭の中ではキツネを動物病院では診てくれるのだろうか?


千歳の動物保護センターへ運べば助けてくれるのだろうか?


と、考えるものです。



幻だったか?



とにかく何事も無くて本当に良かったです。

こちらでは1番怖いのは鹿との衝突。

以前夜中に、鹿を跳ねて壊れた車の横を通過した時


壊れた車に神経が集中していて

横たわっている鹿に気が付かず

まともに乗り越えた事があります。


今思い出しても怖かった!


気をつけないと、、、



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ひかりママさんへ

ひかりママさん、すごい発想ですよ~
跳ねたかもしれないと思って車から降りて探していた10分間ほど、、、
何事もなくそのまま走っていたら
恐ろしいことに遭遇していたかもしれないのですよね。

なんだか目に見えないものに守られているように感じます。
ありがとう!

今年の北海道の日本海側は例年よりズーーッと雪が多く大変だったようです。
それに引き換えおんせん町は雪が少なく
不公平な冬でした。
早春なのに真夏のようになったりして
変ですよね。
みんな自分には災害は降りかからないと思っているけど
本当にいつ降りかかるかわからないこの頃ですよね。
怖い!



なんだか、寒いのかぬくいのか
日々気候が変わり、体が付いていけてません。
諸事情により、久々訪問をお許しください。

異常気象とか、今季最高とか最大とか
地球の悲鳴は人間には届いていますか?
早くなんとか手を打たないと
たまりにたまって、爆発しちゃうよ(泣)

光の精たち・・・
相変わらずかわいいよv-238

狐さんはきっと…
さっちーさんをそこに停めるべく理由があったのです。
何事も気づかず走っていたら
もっと恐ろしいことに遭遇していたのです。
それを交わすために音を出したのです。

ね?無事に帰れたでしょう?
よかったですね。
プロフィール

千両コンビ

Author:千両コンビ
千両コンビのブログへようこそ!

両ちゃん2003年8月2日生れ
2016年11月17日虹の橋を渡りました。
両ちゃん13年間さっちーの家族でいてくれてありがとう!
千ちゃん2004年1月15日生れ
小さなお兄がいなくなって落ち込んでいる千ちゃんです。
早く元気になろうね。
管理人はさっちー。






アクセス解析 ご縁カウンタPro

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ナチュラルライフ

powered by ブログパーツ時計の森
北海道のお天気
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア

ジオターゲティング
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ