酒袋と醤油袋

今朝はお母さんと一緒に起きた千ちゃんは

7時前にお散歩に出かけました。


近所でよく遊びに行くお友達の家の前を通ると、、、


玄関の前で中へ入ろうよ~って立ち止まります。

おやつがある事を期待しているのです。


でもねぇ~千ちゃん、

まだ寝ているかもしれないのよ、、、


170811-1.jpg


今日の予報は12時から雨。


その前に外の仕事を片付けようと


道路の縁石の雑草を取り始めました。

我が家の敷地に面している道路は31m

2区画買ったので横に長いのです。

そこが草ボウボウ


約3時間もかかってしましました。



でもすっきりしたでしょ!


170811-2-1.jpg



数日前に作ったポシェット

素材は醤油袋なのですが

醤油袋って馴染みがないですよね。

春夏秋を経て完成した諸味を布の袋に詰めて搾るその袋が醤油袋。

下の写真が諸味を袋に詰めている画像です。


Takada80[1]


酒袋の説明をネットから抜粋してきました。


酒袋とは、日本酒を作る際に使われる道具で、
中にもろみを入れて絞るために使われていた袋のことをいいます。
この酒袋は、江戸時代から使われるようになり、
機械化が導入される20世紀の初めまでお酒造りにおいて欠かせない道具の一つでした。
お酒造りの職人である杜氏は、
毎年夏の暑いシーズンになると炎天下の中、
酒袋に柿渋という染料を乾かしては塗るという作業を繰り返していました。
毎年繰り返されることで、茶色く丈夫な布になっていったのです。


元々柿渋を塗り重ねているので茶色に成っているのですが


私はもう1度柿渋を使って染めています。


大きい方が酒袋で小さいのが醤油袋




170811-5-2.jpg


今ではあまり手に入らないので大切に使ってます。

なので製品になっているものはすごい高値!

手が出ません。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

ゴンさんへ

千ちゃんの特技は食べる事
なのでおやつをくれる家は最初に覚えますe-257
でも我が家のお散歩は朝が早いから
かわいそうでもインターホンは押せないですよ~v-292
午後の散歩の時にやっと願いが叶って千ちゃんは大喜び
ペットを受け入れてくれる家もちゃんとわかってます。
車で訪問すると
入っちゃいけない家の前では待っているし
入れる家の前に来ると大騒ぎして喜びます。
あの小さな頭の中でもいろんなことを理解しているのですよね。

かづさんへ

かづさんって本当い器用ですよね。
籐ならともかくアケビや野葡萄のツルは堅いから
作るのは大変だったでしょ!
つぶやきで見せていただきました素朴で素敵です!

絣でも酒袋でも 今では貴重品になりました。
昔の前掛け(商店の名前などが書かれているもの)も
貴重品です。
手に入りにくいけど人気があります。
昔の物に惹かれる人が多いって事かしら?

No title

千ちゃん、可愛い!
おばちゃん開けてっお菓子ちょうだいっ!って後姿が言ってる(≧▽≦)

色合いが何とも柔らかくて良い感じ。
こう言う袋が存在する事さえ知りませんでした。ヨットの帆を使ったバッグは見たことあります。生地は綿?さっちーさんのセンスがキラリ✨💍✨せっかく宝があるのに、それを生かせる人がいてこそ。
お洒落なバッグは展示会用ですか?
ブドウやアケビで編んだ篭バックも高価ですね。なので自分で山へ切り出しに出かけ
ツルの採集。
何の植物かは判らないけど、苦労の末、野菜を入れる篭を編みました。
プロフィール

千両コンビ

Author:千両コンビ
千両コンビのブログへようこそ!

両ちゃん2003年8月2日生れ
2016年11月17日虹の橋を渡りました。
両ちゃん13年間さっちーの家族でいてくれてありがとう!
千ちゃん2004年1月15日生れ
小さなお兄がいなくなって落ち込んでいる千ちゃんです。
早く元気になろうね。
管理人はさっちー。






アクセス解析 ご縁カウンタPro

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ナチュラルライフ

powered by ブログパーツ時計の森
北海道のお天気
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア

ジオターゲティング
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ