アイヌ伝統料理体験に参加

今日はアイヌの伝統料理を体験してきました。

ますは珍しい食材から、、、

見たことがないでしょ~

最初はフランスパンの冷凍かと思いました(笑)

実はナマコの1種でフジコと言うものです。

どこが似ているのだか、、、藤の花に似ているのでフジコだそうです。

東北地方から北海道、千島列島の浅い海に分布していて

東北地方で高級中華食材として知られているそうです。




180206-2.jpg


それをゆでて刻んだものがこれ


酢味噌和えを作りました。 (カックラの酢味噌和え)



180206-1.jpg



アイヌ料理には欠かせないのが 『オハウ』 中身はいろいろ変わりますが

塩だけで味をつける実だくさんの汁ものです。

今日は穴開き昆布やスケソウダラのオハウです。(エレクシオハウ)


180206-3.jpg

こちらはしばれ芋のお団子 おかゆの中に入れたり

そのまま両面を焼いて食べます。




180206-5.jpg


皆 楽しそうでしょ

180206-10.jpg

しばれ芋が入ったおかゆの出来上がり (ペネイモサヨ)

180206-9.jpg



切り干し大根のタラコ和えはこんなにどっさり! (タラコラタシケプ)


180206-8.jpg



となりの部屋ではそろそろお料理が並び始めました。



180206-12.jpg


オハウもどっさりでしょ


180206-13.jpg




こんなにいっぱい食べる事が出来るかしら?

ご飯はイナキビが入ったものでした。(イナキビシプシケプ)





180206-14.jpg


ジャガイモにイクラが乗っているものは(チポロラタシケプ)

180206-15.jpg


では20人みんなで


イペ・アン・ロー    アイヌ語でいただきます。


夜なべに鮭が完成しましたよ~


180207-1.jpg











スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

めいははさんへ

めいははさん、
アイヌの歴史についてはもっともっとはっきりと
書きたいことがいっぱいあるけど
いろいろ障害もあるので
一応誰が見るかわからないブログでは書けないのが残念!
学校でも会社でも大人の世界でもいじめがあって
悲しい事件がいっぱい起きていても
いじめはなくならないって
性悪説?がまかり通っている世の中ですよね。
弱いものを寄ってたかっていじめて何が面白いのかと、、、
好むと好まざるにかかわらず生まれてきたアイヌの人たちの
生きてきた過酷な道を痛ましいと思う気持ちから
本当にアイヌ文化を世界中に広めたいと心から思っています。

No title

かづさんとさっちーさんのやりとりにジーンときました。v-318

No title

かづさんのおばあちゃんは素晴らしい方です!
あの当時は差別が当たり前の時だったのに
人類は皆友達的な思想はまれだったでしょうに、、、
大の大人が最も大切な事を気が付かずにいじめをしていたのですから、、、
『ヤンカラ フッテ〜』は多分『イランカラプテ』こんにちは!だと思います。
『こんにちは』なのですが『あなたの心にそっと触れさせてください』と
とても奥深い優しさに満ちた言葉なのですよ
白老町の役場へ電話を掛けると『イランカラプテ』と言われます。
不合理を何百年もの間背負って生きてきた
民族に日が射してきたことは心から良かったと思えます。
大体北海道の地はアイヌ民族の土地なのですもの。
おばあちゃんの影響を受けたすべての事はかづさんの宝物。
いえそれは人類の宝でもありますね。
皆がその思想を持っていれば世界は平和なのに、、、
そんな平和な世界が来れば良いですね。
とは言っても平和の祭典のオリンピックなのに
政治的な駆け引きが行われているのを見ると
ぞーっとしてます。
これ以上書くと悪口になっちゃう(笑)

お。
鮭が今年も空を飛んでる〜〜(⌒0⌒)/~~
アイヌ伝統料理凄いですね。
興味あります。
どれも北国で生きて行くためのバランスと手間が掛かっているのですね。
アイヌ文化がだんだん復活することが嬉しいです。
アイヌ民族に関する資料を読むと壮絶な人生を強いられて来た悲しさ、悔しさ、絶望などを感じます。
人間の邪悪さえ感じる医大に保存されているご遺体。
早く故郷の土に帰してあげたいと願います。
よそ者の私たちはアイヌ民族のお陰で生きてこられた訳で感謝の気持ちを忘れるべきでは無い。
なんて書くと必ず反対分子が騒ぎ出しますね(TT)小さい頃、シャクシャインが戦った狩場山の近くに住んでいました。
その筋の話に驚くほど詳しい祖母に子守唄の様に聞かされ育ちました。
祖母の凄い所は当時には珍しいくらいの差別反対主義者で誰に何を言われようと毅然としていました。小学校1年生の時には隣の席の朝鮮から来た子のお弁当を持たされたものです。
アイヌ民族の女性からも慕われていたようで記憶は曖昧ですが「ヤンカラ フッテ〜」的な発音の言葉を記憶しています。
「血の色は同じだべ」の教えは私の基礎を作りました。韓国の勉強を始め何かの役に立ちたいと言う思いは、恐らく祖母の影響が大きかったからでしょう。
実際、就職先でも取り組む事は出来たはず。ただ、私の職場に限っては女がナニヲ言っても取り上げられず、、明治時代か❗と地団駄踏んだこと多々あり(^^;
日の丸会社なんて悪の根元なり❗
だから今、私は充実しています。
必ず夢を叶えます。
あらら長々と失礼しました。
この性格にも困ったものです、😟
プロフィール

千両コンビ

Author:千両コンビ
千両コンビのブログへようこそ!

両ちゃん2003年8月2日生れ
2016年11月17日虹の橋を渡りました。
両ちゃん13年間さっちーの家族でいてくれてありがとう!
千ちゃん2004年1月15日生れ
小さなお兄がいなくなって落ち込んでいる千ちゃんです。
早く元気になろうね。
管理人はさっちー。






アクセス解析 ご縁カウンタPro

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ナチュラルライフ

powered by ブログパーツ時計の森
北海道のお天気
Translation(自動翻訳) 横型エキサイト版
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア

ジオターゲティング
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ